松下幸之助 成功の金言 『自己認識』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言 『自己認識』

 私は皆さんが皆さん自身の力を過たず認識することが大切だと思います。皆さんが、自分の総合のチカラは今どの程度であるか、それはどう培養されているのか、ということを認識することが非常に大切だと思うのです。これは、自己認識とでもいうのでしょうか。そういうことを皆さんが考えつつ仕事をしていけば、ココに多少の失敗があっても大きな失敗は絶対にないと思います。

 ところが、この自己認識というのは、相当難しいことだと思うのです。しかし皆さん個人が自己認識する以上に難しいのは、会社全体のチカラの判定ということです。自分が自分を判定するのも難しいが、自分の会社の総合した力を認識するのはそれ以上に難しいのです。しかしその難しい認識をある程度しなければ、本当に誇りの無い仕事はできないと思うのです。

 会社の経営者は、いろいろと計画を立てることも必要です。けれどもその計画を立てる根底は、そういう自己のチカラの認識でなくてはならないと思います。その力に見誤りがあったなれば、大きな失敗があるだろうと思うのです。私の会社でも、過去に幾多の失敗を重ねました。その失敗の原因を尋ねてみると、やはり全部会社のチカラの認定を誤っているわけです。社長はもちろん、重役、部長でも、その人が担当している仕事を進めるにあたって失敗がある場合は、必ず自己認識を誤っています。それは小にしては自分自身を見誤っている。また、その部門ならその部門の総合のチカラの認識を誤っている。そういう誤りの上に仕事の計画を立て、遂行している。こういう場合には必ず失敗するという幾多の実例があるのです。

【私見】

自己認識とはたいへん難しいものですが、企業経営者にとっては命取りになる場合がありますから、現状の力を認識したうえで挑戦するのか?!ハタマタ撤退するのかを慎重に考える必要があります。

企業経営は常にハードルとの戦いであり、そのハードルを飛び越えるべきか、ハタマタ回り道をしても超えたところを見るべきかを常に考える場面に出会います。

その際の判断の軸は自社のチカラのバランスを考えることです。

つまり、やれるのか、やれないのかを判断し、やれると思うのであれば挑戦することであり、やれないと判断するのであれば意思をもって撤退することです。

この判断や決断を間違うと大きなリスクを抱えると同時に、顧客からの信頼を失墜させることになります。

その失敗は事業を作る以上に大きなリスクであり、企業経営を立て直すことができないほどのリスクであるだけに自己認識して事業を進めるという正確な判断が求められます。kom

人気ブログランキングへ←ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です