松下幸之助 成功の金言 『大道と畦道』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

松下幸之助 成功の金言 『大道と畦道』

 人間にはすべて、それぞれに名前がある。まず、その名前をはっきり認識することである。たとえば山本三郎であれば、「自分は山本三郎だ」とはっきり自分に感じなければならない。その上にもう一つ重要なものがある。「自分は日本の山本三郎だ」ということである。

 さらにその人が会社に入ると、もう一つ「日本の○○会社の社員何某である」という認識を新たにしなければならない。そして会社と運命を共にするという気持ちを自分の心に植え付け、信念化することが望ましい。そうすれば、その人の存在意識というものが非常に強くなり、またその人の周囲をも感化することができるわけです。しかしこういうような人物は、どこの会社でも非常に少ないが、成功者の多くはこの人たちの中から生まれていると思う。

 私は成功というものは、いともたやすいことだと思う。しかし必ずしも多くの人が成功しないということは、大道があるのに無理に畦道を歩いて行くからである。目の前に大道があるのに、こちらのほうが良さそうなどといって畦道を通れば、溝に落ちたり、落ちないまでも道が悪いから、なかなか進まないということになるのである。

【私見】

企業経営上においては常に効率化を追求していきます。

その際の考え方は戦略指針に基づいて意思決定していくことですが、その際は経営者の信念がそこに存在するからです。

それが「大道」と考えるわけです。

しかし、その大道はその時々によって変化する場合がありますから、戦略が正しいと感じてもその際の意思決定はその時の効率化をもとに検討することです。

ですから、たまには「急がば回れ」という考え方も重要になるのです。

企業経営はその時々の柔軟な対応が重要であり、その時流を読みながら意思決定していくことです。

それが大道になるものと思います。kom

人気ブログランキングへ←ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です