研修やセミナーは欲求を芽生えさせることが目的であり、そのために脳みそを刺激させる仕掛けが大切!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

研修やセミナーは欲求を芽生えさせることが目的であり、そのために脳みそを刺激させる仕掛けが大切!

先週と今週は営業研修と消費者へのセミナーというよりも勉強会の講師を務めていたのです。

これらの講師を務めながら、その目的は何かを考えるわけですが、あくまでも「やる気や買う気を引き起こすこと」なんですね~

ですから、講師を務めながら、その温度を確認していくわけです。
すると、限られた時間の中で温度が低かったり、高かったりするわけです。

また、話し始めが非常に肝心で、ここでどのように顧客の心を捕まえるかが鍵となります。
そこで、脳みそを刺激させる仕掛けを資料などに入れるようにするのです。

写真はこの週末に行なった消費者向けの勉強会の模様です。
コピー ~ 002

コピー ~ 005 (2)   コピー ~ 009 (2)

このセミナーの目的は購入欲求を芽生えさせることであり、勉強会での話を記憶させ、いつかは購入する際に「ここで聞いたことを思い出させる」ために脳みそを刺激するように心掛けるわけです。

その仕掛けとは講師を務める人それぞれが考えることであり、私の場合は議論させること、かつ話しさせることなのです。

例えば、セミナーや勉強会に行って眠たくなるような話し方をする人は「プロなのか~」と思うわけです。
その人は自分の知っている知識だけを伝えようとするからですが、それでは記憶させるということにならないと思うのです。

それよりも、話し手は「どのように刺激させるか」であり、聞き手は「聴いて楽しかった」と感じることが大切です。

先週の営業研修も同様に思います。
コピー ~ 013   コピー ~ 018

研修はワークショップが当たり前なのですが、その中で講師はどのように脳みそを刺激させるかを考えることです。

ですから、研修はワークショップで刺激を与え、記憶させることで実際のアクションへ導くことを目的としているのですが、もう一つ付加価値を与えることで受講生の満足度を高め、次のアクションへのきっかけになると思うのです。

それも「聞く」「聴く」「利く」という考え方が大切であり、それにより刺激となって脳みそから五感へ連鎖し、意思決定させていくわけです。

ですから、今後もその目的をもって研修やセミナーを行なっていきたいと思います。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です