一人でやるよりも二人。二人でやるよりも三人。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

一人でやるよりも二人。二人でやるよりも三人。

新しいことに取り組む際はできるだけ複数人数で組織を作ることです。
例えば、一人よりも二人、二人よりも三人という考え方です。

そして、その人数は4~5人が最適です。
その組織がプロジェクトという体制なのです。

人はとかく一人で考え、一人で行動しがちです。
また、一人のほうが気軽にできると思うのです。

ところが、仕事の内容が重い場合は結構つらいものになります。
その際にその重さを分散するものがチームであり、組織なのです。

そして、組織の中で問題を整理していくと解決策を導くことができます。
それが「三人寄らば文殊の知恵」と言われる所以だと思うのです。

昨日はある企業様のミーティングに出てきました。
そのミーティング内容は新しい事業のために新たなツールを作るというものでした。

そのツールの内容を聞くと、これは重いな~と直観したのです。
また、そのツールはユーザ視点で作る必要があるわけで、そのためには一人では難しいと判断したのです。

そこで、プロジェクト体制の提案です。
その際のチーム作りは関係する人を投入すること、かつ男性中心であれば女性を入れることが大切です。

その理由は相反する考え方を持っている人を入れることで気付かない意見を聞くことができるからです。
ですから、相反する意見をぶつけあう組織編成がプロジェクトを機能させるからです。

そして、そんな組織が常に活性化させることができる。
それがプロジェクト体制の良さだと思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です