日経ビジネス『「ガラ軽」返上なるか』から市場の速やかな変化と事業の方向性を見極める!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

 日経ビジネス『「ガラ軽」返上なるか』から市場の速やかな変化と事業の方向性を見極める!

今週の日経ビジネス時事深層から『「ガラ軽」、返上なるか?!』という記事が気になりました。

「軽の国内販売が今年、小型車や普通車を初めて上回る見通し。世界的に小型化が進み、軽の強みを活かせる事業環境に。「ガラパゴス」と揶揄される日本独自の軽技術に脚光が当たる。」

この記事をよみながら、日本固有の軽自動車は世界市場をターゲットに進化する必要があります。
その進化は世界に通用するエコカー技術です。

この技術力に磨きがかかり、スズキとダイハツがそれぞれ将来的目安としている1リッターあたり35㎞の燃費を達成したとしたら、世界全体の軽市場を獲得できるわけです。

この要因は世界的に小型化が進み、軽の強みを活かせる市場環境になりつつあるからです。
これが「市場の変化」といえます。

したがって、企業経営においては市場の変化を速やかに把握し事業の方向性を見極めることが大切です。

そのため、企業経営においては市場側に立つという姿勢が重要です。
ですから、脳みそや机上で戦略を考えたとしても正しい戦略は見えてきません。

それよりも市場側に立ち、顧客ニーズを実体験しながらヒアリングしていくと興味深い情報を得ることができます。

この感覚はマーケター個々人の感性によるものが大きく、その人がいかにマーケターの立場で市場や顧客ニーズを把握するか?!

これらの情報を元に事業の方向性を見極め、その方向性に基づいた戦略を描くかがポイントになります。

9月以降は市場側に立って多くの人と会い、顧客ニーズを把握してきたのです。
そこにはあらゆる情報があり、その情報から我が社に重要な情報を取捨選択するわけです。

また、市場ニーズと自分自身で考えていたことを対比することで事業の方向性を冷静に見つめることができます。

そんな体験を時間のある限り行なってきたのですが、そこには目から鱗となるような情報がたくさんあったんですね~

ですから、マーケターとして重要なポジションは「市場や顧客側にある!」ということです。
そこにはドル箱となる情報が眠り、そこにマーケターとしての感性で見極めることが経営者の視点といえます。

今週の日経ビジネス『「ガラ軽」返上なるか』は経営者の目利き、かつ戦略指針の基本的考え方について書いていると思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です