事業に失敗するコツ 12箇条『お客様が我がまま過ぎると考えること』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

事業に失敗するコツ 12箇条『お客様が我がまま過ぎると考えること』

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

「お客様は神様」

そんな言葉がありましたが、お客様は神様という考えのもとに接し、その中でキチンと伝えることを伝えていくことが顧客との良好な関係を構築していきます。

つまり、我がままと感じるのではなく、妥当点を見出していくことが事業であり、関係性を維持していく考え方と思うのです。

お客様は感じたこと、思いついたこと、要望したいことを率直にお話ししますが、それはできることとできないことがあるわけです。

その際、できることは受け入れ、できないことはできないと伝えつつ、その妥当点となる再提案がお客様の納得になります。

それを「我がまま過ぎる」と考えると、事業も営業も前に進むことができず、顧客からも嫌われる原因になるわけです。

事業を確立していく上では顧客作りが肝であり、顧客に対しては千差万別な対応が求められます。

その対応ができない企業は事業に失敗するわけです。

逆に言うならば、妥当点を見出し、応用力を活かすことで事業が前に進んでいきます。

また、顧客すべてが自社の顧客になるかというと、それは無理と言ってもいいでしょう。

人それぞれに価値観が違うわけで、その価値観が共有できない場合は、当社のお客様ではない!と判断することです。

そして、自社の価値観に適した顧客つくりを行なっていく。

すると、顧客は固定化することができ、永遠のお付き合いができる関係性を築くことができます。

それが事業であり、商売の鉄則と思うのです。

事業とは顧客があって成り立ち、顧客によって企業を支えてくれます。

その気持ちを持ち続け、顧客との信頼関係を維持することが事業です。

すると、企業は成長できると思っています。頑張ります!kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です