コンサルティングの基本は語るよりも聴く

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

コンサルティングの基本は語るよりも聴く

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

現在、2つの提案書を書いているのですが、ナカナカ戦略が固まりません。

そんな時は「現場」を観ることが一番です。

すると、新鮮な情報が収集でき、提案書に活かされます。

また、「わからないことは聞く」と良く言いますが、コンサルティングも同じです。

聴き出すことで戦略を組み立てることができるわけですが、聴き出すことが甘いと戦略が描けないんですね~

つまり、情報のネタが少ないということになるわけです。

そのため、聴くという姿勢が大切です。

また、ただ聴くだけではもったいないわけです。

つまり、話してもらう人の本質をとらえることが本当の目的だからです。

そこで、質問を重ねることが重要ですね。

質問を深くしていくと、よりその人の本質が見え始め、同時に見えなかった新たな課題や問題を見つけ出すことができます。

すると、戦略を固める際のコアな部分がより鮮明に見えてきたりします。

コンサルティングはこの点が面白いところだと思うのです。

深く知れば知るほどご提案がより具体的になり、改善の方向性が明らかになります。

それを提案することでプレゼンに説得力が出始め、顧客の納得度も違ってきます。

すると、その品質が理解でき、ご契約することができます。

それがお客様の満足度です。

だから、コンサルティングが面白いわけです。

現在の2つのご提案書は一つが今月末であり、もう一つは来月末までのご提示です。

時間をかける点は情報量の多さにあり、そのために聴く作業を繰り返します。

その時間が非常に興味深いものなのです。kom

人気ブログランキングへ←このボタンをワンクリック!よろしくお願いします。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中