データから得られる情報を元に戦略方針を決定する!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

データから得られる情報を元に戦略方針を決定する!

下図はある企業様の売上高及び顧客数のデータです。

このデータを取り続けて3年ほどになりますが、このデータから得られる情報によって戦略方針を意思決定することができます。

データを取り始めたときは毎日の報告が面倒という印象を受けましたが、データの重要性を理解してもらい、毎日の報告を3年も続けてくるとその報告は日課になるわけです。

そして、このデータを戦略に活かすことで毎日のデータの重要性を認識できるのです。

戦略を立案していくうえでは現状把握と分析が欠かせません。
それらがあって初めて戦略を考えることができるわけです。

しかも、日々の生のデータは貴重な情報源です。
ですから、必要不可欠な情報はデイリーで収集していくことが重要です。

特に、定量的なデータは毎日、毎週、毎月、3か月、半期、累計などで集計しながらあらゆる視点で分析すると、ある方向性が見えてきます。
また、事業内容を変革していく際の指針となるものです。

昨日も顧客企業様の社内ミーティングを行なってきたのです。
そのミーティングの目的は「増員」です。

コストをかけて増員するための売上は見込めることができるのか?!
つまり、費用対効果の見極めが意思決定になるわけです。

その際に活用すべきものが定量的なデータです。
このデータを活かすことで戦略の方向性が見えたり、懸案事項の意思決定ができるわけです。

そのためには日々のデータを収集し分析を重ねることです。
そして、日々のデータを報告してもらうことが企業経営の基盤となっていると思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です