加藤淳・そら著「おいしい北海道やさい」献本いただきました。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

起業当時は多くの方にお世話になり、ここまで来ることができましたが、その一人である現 北海道立総合研究機構 道南農業試験場場長である「加藤淳」さんから「おいしい北海道野菜」を献本いただきました。

冒頭、「農業王国北海道」と題したコメントは以下の通りです。

かつて「蝦夷地」と呼ばれていたこの大地が、「北海道」と命名されてから150年の月日が流れました。
幾たびも冷害に見舞われ、畑の作物が壊滅的な打撃を受けても、再び立ち上がり、現在の農業王国を築き上げました。
北海道ではどのようなやさいが作られているのでしょうか。
北海道のやさいはどうしておいしいのでしょうか。
さあ、エゾナキウサギの「キュンちゃん」と一緒に美味しい北海道の旅に出かけましょう。

確かに、我々の育った北海道の農業は「冷害」という言葉を頻繁に聞く時代であり、農業経営って難しいんだな~という印象を持ったものです。

ところが、いつの間にか冷害という言葉が死語の如く消え、今では農業王国に生まれ変わったわけです。

その要因は冷害への対抗策であり、そのための研究開発を続けてきた成果です。

それに関わり続けた著者は実務上の研究者でありながら多くの著書を出版し、北海道農業をアピールしてきたわけです。

そして、この本にある北海道の素晴らしい景色が農業王国の基盤になっています。

これからますます北海道の農業が日本の産業の基盤になっていくことでしょう。

北海道胆振東部地震に見舞われた地域も農業を基盤とするところですが、自然と向き合い、自然に助けられながら、北海道をアピールすることが復興の近道になります。

献本、ありがとうございました。頑張りましょう。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です