「いつやるの!」と言われなくても「今やるぞ!」と言える仕事に喜びを感じる!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ここ最近の話しですが、chizukoさんから「SONY時代の若い時は仕事が楽しかったよねー」と言われたことがあります。

確かに、SONY時代の若い時は仕事が苦にならず、常に社内が楽しかったことを思い出します。

その理由は目的や目標が明確で、そこに全員が向かっていくこと、そして確実な成果に結びつけていくプロセスがワクワクしていたからです。

ですから、女性陣を含めて仕事が楽しかったと感じていたのでしょう。

それでいて、当社の創業10年間は楽しいというよりも必死だったわけです。

但し、経営者は経営自体を楽しいなんて思うよりも経営とは必死の毎日の繰り返しなのが当たり前といえば当たり前なのです。

特に、大きな組織を抱えて固定費が高額になると自転車を漕ぐ毎日から逃れることがないのが企業経営です。

そんな中、4月以降は「仕事ができるのは今しかない!」と言える毎日なのです。

この歳になって必死に仕事しながら、描いた夢に確実に進んでいる実感があることが楽しいのです。

つまり、必死でありながらも結果を出すために脳みそを動かし続ける仕事こそ楽しいわけです。

また、一つのアクションに対して変化のリアクションが起きるとワクワクドキドキするのです。

そして、最終の目的がどのような形で実を結ぶのかをワクワクしながら待つ気持ちがたまらない!

もしかして、その実がならないかもしれないのですが・・・

4月から新しい体制の中で、新しい事業を起こし、ビジネスモデルの完成形を目指しています。

そのモデルは3つなのですが、そのうち2つが同時に動いており、その実を確実に出すためにアクションしている毎日です。

その一つは明日までにレポートを提出し、審査を受けます。

もしこの審査が通ると、起業後における最高額の仕事を獲得できます。

但し、目的の本質は最高額ではなく、提案したプランが初物であり、誰もがそー簡単にできる仕事ではないことへの納得感です。

その要因はわが社のスキルの高さにあると自負できるからです。

しかも、このモデルは1年がかりで進めてきたものであり、この時間の中で紆余曲折がありながらもクライアントから信頼を得ることでここまで来ることが大きな財産だと思うのです。

だからこそ、「仕事は今!今しかない!」という気合と「楽しい仕事で完遂」させたい!

この週末はすべてのプライベートをキャンセルし、レポート作りに集中していました。

このハードルを越えることができたなら、一つのビジネスモデルが完成できます。

この歳になって、SONY時代同様に楽しいことにチャレンジできることがうれしいですねー

人生の下り坂を感じながら、思いっきり仕事できる環境に感謝します。

頑張る!kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です