マーケティングとは市場ニーズにヒットさせるために仮説を立てたうえで関係する仮説要素を連鎖させて仕組みを構築する!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

マーケティングとはどういうことだろう。

マーケティングとは「顧客満足を起点にお客様に買ってもらえる仕組み作り」と直訳します。

つまり、売るという結果を求めるのではなく、お客様に納得した形で買ってもらうようにするために仕組みを作ることです。

その結果において「売れた」という成果になり、その結果を得るために仕組みを作るのです。

そのためには「顧客が求めていることは何か」を明らかにすることです。

それがビジネスモデルを構築する際のスタートです。

何故なら、顧客が求めているものを提供したほうが売れる確率が高くなるからです。

逆に、「こんないい商品を作ったんだから売れる!」と多くの人が思うわけですが、この考え方が間違いのスタートなのです。

何故なら、売り手が考えている商品は買い手が求めているものとマッチしているとは限らないからです。

したがって、売り手と買い手の考え方に整合させることが大前提なのです。

その一つの条件が「求めているモノは何か」という問いかけであり、尚且つその求めているものは顕在化されたものであると同時に、潜在化しているものかどうかも調査・分析することです。

その活動によって、提案する商品やサービスが決定できます。

そのうえで、販売戦略を立てていくわけですが、この戦略は一つの仮説ですから絶対的なものではないのです。

とかく、戦略を練り上げていくと強い思い込みから「絶対に当たる!」と勘違いしがちになりますが、冷静に考えると「市場と戦わずして当たるわけがない!」と思うことです。

つまり、戦略は仮説にすぎず、仮説のもとに市場にアタックし、仮説の検証を繰り返すことがマーケティングなのです。

その際、販売戦略はその商品が認知されるだろうと思われる要素を洗い出し、関連付けていくことです。

認知させなければならない入り口はできるだけ多くの要素を抽出し、それらを関連付けて購入する際の出口に集約する仕組みを作っていくことが販売戦略のシナリオです。

例えば、リアルの店舗を出口にする場合とホームページを活用してネットから購入してもらう場合はそれぞれにそのプロセスが違うことは当然のことです。

そのため、出口(ゴール)を明らかにしたうえでそれぞれに関連する要素を洗い出し、その要素を連鎖させてゴールに導くシナリオを作ることが販売戦略です。

そのうえで、この一連の目的は戦略作りにあり、そしてその戦略は仮説にすぎないという意識です。

つまり、マーケティングとは組み立てた仮設の検証の繰り返しなのです。

ですから、一度のアタックで必ず当たる!成功すると思わないことです。

また、一度の失敗で諦めないことです。

それよりも失敗という結果から分析し、成功の素となる情報を抽出し、新たな戦略を練り直すことです。

そして、再度戦略を組み立てて市場にアタックし続けることで成功の確率を高くすることができ、その連続性がマーケティングというものを理解することができるわけです。

加えて、組織にマーケティング文化を定着させることができます。

マーケティングとはなんだろう!!!

いつもそんな悩ましい言葉を聞きますが、マーケティングとはビジネススキルであり、ノウハウでもあるのです。

そのため、売ろうとするよりも「何を求めているのだろう」という聴く姿勢が大切であり、その求めているニーズにヒットさせるためにはどうするの?!と考えることです。

すると、マーケティングの本質を実践で覚えることができます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です