小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻を修了して10年を振り返る

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

51歳で29年間勤めた「SONY」を卒業した理由は3つである。

1.40代後半から昇格や昇給、そしてスキルを含めて組織人としての自分の限界が見えてきた。

2.定年60歳までの組織人としての自分の姿を想像するとぶら下がっていられない性分が邪魔であった。

3.第二の人生を定年後から具体化するよりも今からチャレンジすることで新しい自分を見つけることができると考えた。

退職後、小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻に入学。

2年間無職で経営理論を学び、MBA(経理管理修士)を取得した。

この目的はSONYでのマーケティング経験とMBAの経営理論を融合させた上で、マーケティングコンサルタントとして起業していくためであった。

それから10年が経とうとしているわけだ、あっという間の10年だったように思う。

起業当初はどんな10年になるのだろう。また、起業を継続することができるのだろうか。と不安な毎日であり、先行きが不透明な毎日を過ごしてきたわけだ。

その積み重ねが10年になろうとしているすべての時間が不思議さを感じる。

その大きな支えが「アントレプレナー宣言」である。
dsc07093

事業がどのように進んでいくか。企業経営の進む奉公が見えない中で作り込んできた毎日。

それらはすべて精神的な支えによって導かれてきたように思う。

企業経営とは今後もこのような不安定な毎日と格闘することであり、そのために事業戦略のもとに確実に、一歩一歩進めていくことと思う。

そして、その基盤にあるものは精神力。

それがアントレプレナー宣言なのだ!kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です