起業10年を迎えて「松下幸之助氏の言葉」を書き続けてきたこと

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

起業後において一つの経営指針となったものが松下幸之助氏やドラッカーの名言でした。

これらの出会いはビジネススクールでのある授業であり、その際に読んだ本がきっかけとなり、経営哲学に関係する本を読んできたわけです。

そして、それらの名言はわが事業の節々にマッチするわけで、その際の判断、決断、戒めになってきたように思います。

その理由は、企業経営者はその時々で正確な判断をしなければならないからです。

社長という役割と責任はその判断であり、決断であり、尚且つその結果は信頼されるものでなければならない。

その裏づけは起業10年を振り返ると、正義と思ったことが相反する結果になり、遺恨を残した場合もあり、そこに多くに反省があるのです。

だからこそ、経営者は日々勉強することであり、先人たちの経営哲学を読んでおくことはあらゆる面で経営上の知識となっていきます。

前職がSONYの看板の元に仕事していた手前、松下幸之助氏は敵に見え、現職中は本を読むという考えがありませんでした。

しかしながら、ビジネススクールで読む機会があった際に、スーッと腑に落ち、尊敬の念に陥ったのです。

その後も幸之助氏を読み続け、そして書き続けてきたことが10年の企業経営の足跡になったように思います。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です