サンエコのマーケティング事例『顧客ゼロからの挑戦!』から事業の成長指針を考える!~その3~

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

事業を確立するということは起業家の夢であり、いつかは確立できる時が来る!と信じて起業するわけですが、今改めて思うことは「事業を確立することは事業家にとって永遠のテーマ」と思えるのです。

それはどういうことか?!というと、起業時はあるビジネスモデルをもって創業するわけですが、そのビジネスモデルを完成させることが最初の目的なのです。

そして、それが完成できたという結果はある一定の売上であり、利益なのですが、それが事業の確立になるかというと決してそうではない!

なぜなら、事業は収益が上がることであらゆる要素が関連し、そして同時にリアルタイムで動いていくため、事業としては継続できているのですが、事業が完成できたかというとその確証がないわけです。

また、収益が上がれば上がるほど装備となるヒト、モノ、カネが同時に動いていくので事業はその都度即行で判断していかなければならず、その時々で事業が確立しているかどうかを確認できるかというとたいへん不透明と思うのです。

強いて言うならば、決算時、および決算書において黒字で事業が進んでいるときに安心感を得ることができ、事業の確立というよりも「事業が進んでいる」ということを実感することが事業なのだろうと思うのです。

サンエコという事業は「顧客ゼロからの挑戦!」だったわけですから、常に「事業の確立」を目指し、それをやり遂げるという意識で進めてきたわけです。

そのプロセスは常に必死だったわけですが、その要素は「商品も販路や顧客も、同時にプロモーションも新規で作っていかなければならなかった」からです。

その必死なアクションの成果が以下のような実績になったように思います。

以下の実績は商談室に貼ったものですが、これらの代表する実績を商談室に貼ることで自分たちの足跡を振り返ることができ、次のアクションのモチベーションになるための演出としたのです。
DSC05192

DSC05189 DSC05187

そして、サンエコの7年間の実績は以下の通りです。
スライド9

売上額の実績を見るとすごいものだ!と我ながらびっくりしますが、そのプロセスを振り返ると反省することばかりです。

それが経営というものの勉強になっているわけですが、特にヒト・モノ・カネにかかわる経営資源についてはもっと有効的な活用や対応があったと反省したり、収益性についても改善できることがあったと思うのです。

ですから、事業とは確立することが目的ではなく、事業を継続するために日々努力することが目的なのだと思えるのです。

そして、事業かつ経営者は成長戦略を考えることが当然の仕事ですが、同時に撤退という真逆の対応も考えておくことが重要と思えるようになったことも経験から得られた知識と思います。

そのうえで、サンエコの成長戦略は以下の図の通りです。
スライド10

サンエコは太陽光発電事業をメイン商品として事業をスタートしたわけです。

しかし、その本質は「電気を自ら作ることが新しい市場の創造につながる」と考え、その一翼を担うことが事業を確立することができるという仮説を立てたのです。

そして、その目的は決して満足できるものではありませんが、それなりの成果を上げることができたと考えるのです。

そのうえで、今後は太陽光発電事業の専門家として特化しつつ、その本質は「省エネ・創エネ・蓄エネルギーによって一般生活者の光熱費を削減していくノウハウを提供し、エネルギーの自給自足型ライフスタイルを提供すること」を目指していきたい。

その目的は「エネルギーというライフラインは買うことが当たり前だった。また、自分で作ることということが想定外の領域にあった。それが自ら構築できる環境になっていることが生活者の喜びになり、かつそのライフスタイルを広げることで地球環境を守ることにつながる」わけですから、そこに貢献できることがサンエコの喜びになると考えるのです。

なおかつ、その喜びをきちんと伝えるためにサンエコらしい提案を考えていくことが他社との差別化になり、サンエコのブランドを高めることができる。

サンエコの成長戦略はこのようなコンセプトのもとに進めていこうと考えているのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です