久しぶりに「マーケティングってどういうこと?!」という視点で考えてみたい!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ブログを書き始めて8年くらい経ちますが、その際の目的となるテーマが「マーケティングってどういうこと?!」を追求していくことだったのです。

現在もそうですが、「マーケティング」という言葉は聞いたことがある、または知っているという人がほとんどですが、当時から「マーケティングとはどういう意味?!」と聞くと正確に答える人ができなかったです。

そんな質問をするとほとんどの人が「市場調査」とか「販売手法」「プロモーション」などと答えるのですが、これらはマーケティングを行なう際の一つの過程なのです。

つまり、市場調査はマーケティング戦略を練り上げていく際の事前情報となるものであり、プロモーションや販売手法は戦略上における出口戦略にあたるマーケティングプロセスなのです。

そこで、マーケティングという意味を考えてみましょう。

以下はネット上で調べた世界のマーケティングの定義ですが、これらはアメリカ・マーケティング協会の過去の定義から、世界のマーケティングの偉人、日本のマーケティングの定義です。

「マーケティングとは、個人と組織の目標を満足させる諸交換を創造するために、アイディア・財・サービスの概念形成・価格付け・プロモーション・流通を計画・実行するプロセスである。」アメリカ・マーケティング協会(1985年)

「マーケティングとは、企業及び他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」アメリカ・マーケティング協会(1990年)

「マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセス」フィリップ・コトラー

「マーケティングの究極の目標は、セリング(売り込み)を不要にすることだ」「マネジメント〈エッセンシャル版〉」P.F.ドラッカー著,ダイヤモンド社

「マーケティングとは、顧客の創造である」セオドア・レビット

「個人や組織が, 製品及び価値の創造を行い, 市場での交換を通じて, 自らの欲求を満たすために行う様々なプロセスのことである」日本オペレーションズ・リサーチ学会

「マーケティングは、業務の効率(利益の効率)をアップさせる科学的手法といえます。売れるための仕組みづくりともいわれています。よく、宣伝や販売促進活動がマーケティング活動と思われているようですが、本来は、顧客のニーズを満足させるための活動といえます。」ニーズ創造研究所

「マーケティングとは、顧客の創造、維持を目的とする企業が、その目的を満たすような交換を顧客とのあいだに生み出すために、アイデアや財やサービスの考案から、価格設定、プロモーション、流通に至るまでを計画し実行するプロセスです。」ミツエーリンクス – マーケティング用語集より

「消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。」三省堂大辞林

以上のように、マーケティングを定義付けようとすると多くの論理があるわけですが、私は日本語に直訳する際にもっとわかりやすく表現するのです。

「マーケティングとはお客様に買ってもらえる仕組み作り」

マーケティングという理論を練り上げるためにはあらゆるプロセス、例えば「SWOT分析」から「ゼグメンテーション」「ターゲッティング」「ポジショニング」「マーケティングミックス(製品戦略・価格戦略・販路戦略・広告戦略)」などががあります。

これらの詳細なる理論をプロセスとしてマーケティング戦略を策定するわけですが、その目的は「お客様や市場に継続的に買ってもらえる」ことであり、そのための「仕組みを作ること」なのです。

したがって、マーケティングとは「お客様という市場側を視点に継続的に買ってもらえる仕組み作り」と定義するのです。

加えて、この定義づけの起点となる考え方がたいへん重要と考えています。

それは「顧客満足」を言うものであり、これを起点に「お客様に買ってもらえる仕組み作り」を考えることがマーケティングを日本語としてわかりやすく定義した言葉になると考えるのです。

これらの説明から直訳すると以下になります。

『マーケティングとは顧客満足を起点にお客様に買ってもらえる仕組み作り』

この理論をもとに、OFFICE KOMはサンエコという事業を実践してきたのです。
DSC_0445
DSC_0451

また、このような勉強会におけるプレゼンテーションはマーケティング理論に基づいてアクションしてきたものです。

つまり、ただただ商品を売り込みことは簡単なことですが、その成約確率を高めるためにはマーケティングの考え方から提案していくと理解度が高まり、意思決定してもらう近道になるのです。

マーケティングとはそのための手法であり、買ってもらえるためのツールなのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です