「やっちゃえ!NISSAN」から電気自動車の未来を考える!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

矢沢永吉の『やっちゃえ!NISSAN』というTV-CMが始まった時から、その裏の意味を探していたのです。

つまり、「日産は何をやろうとしているの~」という考えになり、その先には「電気自動車のラインナップ強化と市場拡大戦略」を意味しているのではないだろうか?!

そして、2016年の年始早々には日経一面にこんな記事がー
doc03730520160112101032

自動車業界は大きな転換期に来ているように思います。

それが「エコカー時代」なのですが、これは今に始まったことではないわけです。

具体的にはプリウスが市民権を得た数年前に「エコ」というものへ自動車の価値観が変化したわけで、この新聞記事のようにあえて「今後100年、エコカー時代」というにはどうもミスマッチと感じるのです。

したがって、ここで言うエコカーの本質とはプリウスをガリバーとするハイブリッド市場ではなく、エコを追求した新たな機能や性能を持った新商品の投入がこの100年で自動車市場を変化させていくと言っていると思うのです。

ですから、「やっちゃえ!NISSAN」の言葉は日産の戦略指針であり、そして日経記事はTOYOTAの指針と捉えることができます。

では、自動車市場のあるべき姿とはどういうものなのでしょう。

自動車という商品群は一つの業界・業種に位置してきたわけですが、今後は居住空間と密接な関係性を持つことが考えられるわけです。

それにより、自動車という単品の機能だけでは無く、居住空間との関係性から得られる価値を認識したうえで購入の意思決定を行なうことが想定できます。

その価値とは「電気自動車には乗って自動車、降りて蓄電池」の2つの価値があるわけで、この2つの価値を顧客のライフスタイルに合わせて説明していくことが説得力になり、意思決定の際には顧客の満足度を高めていることになるのです。

その価値を正しく正確に、尚且つそれぞれの顧客のライフスタイルにマッチしたトークに置き換えることができるかどうかが営業のスキルになっていくと考えます。
リーフ2

このチラシはサンエコが作ったものですが、この価値をそれぞれの顧客に適した提案こそが営業スキルなのです。

また、自動車メーカーはこのように商品側からその価値を伝えようとするわけですが、居住空間や生活スタイルは顧客個々に違うわけで、その生活にマッチした説明こそが営業のチカラになるのです。

新しい画像

特に、市場の変革期はドブ板的営業スタイルから市場を作っていく必要があるため、営業そのものがエコというものを認識したうえで、「自動車とエコ」「自動車と居住空間」「自動車と節電」「自動車と蓄電」「自動車と個々の顧客のライフスタイル」を語れることが説得力のあるスキルになります。

サンエコの情報誌「サンエコNEWS 2016年新年号」では「LEAF to HOME」を実践しているお客様を紹介しています。
LEAFtoHOME

日経記事の通り、2016年はエコカー、かつ電気自動車が新たな市場を作っていくキックオフの一年になるだろうと思います。

ですから、この記事の通り、タイトルは若干脅し気味に「車を選ぶなら何を選らぶ?!私は電気自動車」としたのですが、その理由は、「今こそ、その価値を伝えないとお客様を裏切ることになる」と危惧するからです。

自動車は買替商品ですが、その買い替えサイクルは5年以上のはずです。

すると、今年買い替える人の次の買替は東京オリンピックが開催される2020年以降になります。

この2020年という年がどんな市場や環境になっているかを想定すると、当然にエコであり、クリーンな日本がより完成度を高くしていると思います。

その時に、いまだにガソリン車はかわいそうだ!と思うのです。

そのためにも、「今こそエコカー」「今だからこそ環境にいい車」「次の買い替え時の市場は当たり前にエコカー」を意識して最適な自動車を提案することが自動車の近未来像です。

中国の大気汚染を観るたびにエコへシフトするスピードを上げる必要性を感じます。

そして、「やっちゃえ!NISSAN」というTV-CMから電気自動車の未来を想像できることに夢があると思うのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です