「電力の自由化」という報道に惑わされることなく、ジックリと情報を精査する期間をもって対処する!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

昨年末から年明け以降は「電力の自由化」という情報が毎日のように溢れ、かつ錯綜している感があり、混乱をきたしているように感じます。

また、電気代が高くなる可能性もあるという脅しのような情報もあり、生活者にとっては理解できない話題になっているのではないでしょうか。

「電力の自由化」とは図の通り、今までの独占的な電力会社一社体制から選べる時代になるということです。

電力の自由化

2016年4月からは一般家庭においてもその選択ができるわけです。

そのため、年末から年始にかけて一気に情報量が多くなったわけですが、その理由は小売業者による顧客獲得のすでに始まったことを意味しており、それが開始されたからです。

ところが、一般生活者にとっては電力の自由化とはどういうことなのかという本質を理解できないまま、情報だけが先行し混乱しているように思います。

また、顧客を囲い込みたいと考えた小売企業も事業内容や制度が確立できない中で、「電力の自由化」という言葉だけが先行しているように思います。

これでは顧客の囲い込みなどできず、逆に混乱したまま4月を迎えることになるように感じます。

資料は年始早々の北海道新聞の記事ですが、これらの新電力の新規参入者が価格メリットを訴求したところで、この領域に参入してくる企業すべてがまだ事業ルールやメニューを打ちさせていない状況なのです。

44月開始に向け各会社がメニュー

尚且つ、電力事業を独占化してきた電力会社からは新たなメニューが提示されていない地域がほとんどです。

北海道においてはいつ、その発表があるのでしょう。と感じるくらい、遅く、鈍感に感じるのは私だけではないと思います。

しかしながら、一般生活者においては電力の供給が一つの電力会社に依存してきた経緯を考えると、絶対的シェアを保有する企業からの電力メニューが明らかになるまで電力会社を選ぶことは時期尚早といえます。

その理由は電力メニューとは生活者のライフスタイルに適したものであり、今までの経験則において最適なメニューを作ることができるのは既存の電力会社しかないと考えるからです。

そして、新電力に参入する企業の電力メニューと比較することでいいとこ取りできると考えるのです。

したがって、電力の自由化という情報が錯綜する中で、選択の意思決定を決して急ぐ必要はないのです。

また、価格の安さは生活に大きく影響するものではなく、それよりも電力の自由化によってすべての情報を精査したうえで、それぞれの生活者のライフスタイルに最適な電力会社を選択したほうが最大のメリットを享受することができます。

加えて、電力の自由化とは電気の自由競争市場の幕開けですから、生活者にとって最大のメリットを享受できるメニューが登場することが考えられます。

一つの事例が電話という通信市場が固定電話から携帯電話にかわり、その通信料金や生活スタイルは大きく変わったことは既成の事実です。

電気も同様のことが考えられるわけで、その一つが安い電力を新電力によって選択しながらも、尚且つ自分で電気を創ることができたらーと考えるのです。

すると、電気は買わずとも自給自足できるわけで、それが最大の快適生活になると考えます。

また、原発という政治かつ社会問題がクリアになっていない中、新電力による規制緩和は価格競争を推し進めていきます。

更には、電気というエネルギーの将来像が明らかになっていない中で、再生可能エネルギーの市場普及度をどのポジションまで拡大していくのか?!

生活者はそんな視点を以って電力の自由化という目先の問題を捉えているようにも思います。

したがって、情報が錯綜している現在はまだまだ情報を整理する段階であることを理解し、ジックリと意思決定していくために情報収集することが肝要と考えます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です