勉強会という知識の場から新たな市場、かつ潜在的市場に気付き、アタックする!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

勉強会という知識の場から新たな市場、かつ潜在的市場に気付き、アタックする!

先週は勉強会と言う場を3度経験しましたが、2度は受ける側。そして1度は講師役だったのです。

この立場の違いがありながらも得られるものはすべて市場との連動性を意識したうえでの新しいビジネスモデルの発想、そしてシナリオ作りのきっかけになるものだと感じます。

受ける側の勉強会の一つは先月末から伺っている毎週水曜日の朝6時半から始まる経営者向け勉強会です。
⑥

もう一つは社内で共有したいと考えていた新たな知識を得るための勉強会でした。
⑤

受ける側の勉強会のほとんどは知識として持ち合わせていないものですから、情報として収集することで知識になり、その知識は事業上に活かすことで知恵になっていくものです。

ですから、「勉強会って大切だなー」ってつくづく思うんですねー

そして、今日は講師役になった不動産会社に対する勉強会についてお話ししたいと思います。

講師役になる場合はプレゼンする上での資料つくりのための事前情報の収集が大きな知識になると同時に、勉強会と言う場における議論は新しい市場や潜在的な市場に気付くことができる機会になるなーと感じます。

①

つまり、あるテーマに基づいて情報を収集し、それを知識としたうえで議論することで、その場には知恵となる情報が生まれ、その情報がビジネスモデルのヒントになることが多いからです。

今回のテーマは「電気代が高い!冬を迎えるのにどうしたらいい!」という切実な悩みに対する打開策だったのですが、これはサンエコという事業にとっても永遠のテーマだったため、有意義な勉強会になりました。

具体的には、オール電化住宅に住む人たちから『電気代が高い!』というリクエストがたくさんあって、その解決方法を議論しようということが勉強会の目的だったのです。

当社は「ECO・環境・省エネ・自然エネルギー」にこだわったサンエコという事業を展開してきたわけで、それにより実践から得られた情報やお客様の声を事業に反映してきましたので、これらのリクエストに対しては私のコンサルスキルを活かすことで有意義な勉強会になるわけです。

また、私自身は電力会社や電機メーカーのセミナー講師も数多く行なってきましたから、このようなリクエストには自信をもって対応できるのです。

その上で、今回の勉強会は不動産会社様でしたが、タダタダ勉強会で終わるのではなく、事業上のコラボが成立する議論まで展開できたことが大きいなーと思います。

その理由は会社経営において自社内でビジネスモデルを新たに構築するためにはあらゆる経営資源を準備しなければならないからです。

ところが、あるビジネスモデルを構築するために必要な資源を保有した企業が集まってコラボすることで即効で事業のトライアルができることは収益を上げるきっかけにもなるのです。

尚且つ、そのビジネスモデルの精度を検証することができ、そして事業の継続性、または事業化へ進めることができるかどうかの判断材料にもなるのです。

勉強会とはタダタダ知識を得る、共有することだけが目的ではありません。

それよりも企業経営者であるならば、事業拡大策に連動させることを意識して受講することで何らかの気付きを得ることができ、そしてビジネスチャンスの切り口にもなるのです。

先週の勉強会からこんなことを感じてきたのですが、その要因は勉強会における質問の多さ、そして議論の活発化から感じるのです。

今後もこのような勉強会を繰り返していくことで潜在的市場の顕在化を図ることができると確信するのです。

そのためにも、そのような勉強会と言う機会を今後も大切にしていきたいと思うのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です