事業とはいい時も悪い時も苦しさを感じるものですが、ドタキャンから事業転換の本気度を学ぶ!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

事業とはいい時も悪い時も苦しさを感じるものですが、ドタキャンから事業転換の本気度を学ぶ!

10月があっという間に過ぎていきましたが、その要因は10月1日に北海道電力から発表された「再生可能エネルギー電力連系の保留」というとんでもないドタキャン情報に翻弄されたからだと思います。

事業とはいい時も悪い時も心配になり、毎日が苦しみを感じたりするものです。

しかし、今回のドタキャン報道は当社にとって死活問題であり、ただ事ではなかったんですねー

ですから、今後の事業を真剣に考えることができたのです。

また、いつかはこのようなことが起きると想定していたことも事実ですが、その想定はあくまでも想定であり、その真剣度はある意味中途半端だったといえます。

ところが、今回はマジ報道であり、その報道に対し真摯に受け止めつつ、事業というモノがいかにリスキーであるかを思い知ったのです。

そんな中、企業を存続させるための方策を考えつつ、あらゆる想定の中から企業を存続させていくための事業の再構築を見直さなければならなかったわけです。

そして、その事業の再構築の具現化を図り、事業戦略に着手することになったんですねー

この変わり目の速さは多分その報道における危機感から脳みそそのものを繰り替えることができたように思います。

かつ、既存事業の実態と経営力を精査したうえでいつまで体力を維持することができ、それまでの時間の中で事業転換を図ることができるのかを模索していたのです。

現在はその組立時期であり、事業再構築のためのパーツをかき集めている最中なのです。

このスピードはある種の不思議さを感じるほど、「速い!」と思えるのです。

その感じ方はサンエコ北海道という事業をスタートさせるために1年という時間を要して事業戦略を練り上げていき、同時に具現化のための準備を進めたわけです。

つまり、新事業に挑戦するために「1年間」という時間を使ったのです。

ところが、今回は1年という時間を使うと企業経営が立ちいかなくなる実態を認識したうえで、現在の事業を継続させるための事業転換までの時間を考え、着手したのです。

そして、現在の見込み度は約半年間で具現化できると踏んで進めているのです。

その要素はサンエコ北海道で培ったあらゆる資源が応用できるからであり、かつ半年という短い時間の中で完成形を作り上げるという目論見をもって進めないと本気度に乏しくなり、実現可能性の確率が低くなると判断したのです。

その理由は、よく言われる「ケツに火が付いた」からです。

つまり、北海道電力のドタキャン報道は真剣に事業を見直す機会となり、「いよいよ来たか!」という覚悟を持つことができたのです。

事業とは思うとおりに行くことが少なく、かつ余裕をこくとろくなことがないと思います。

たまーに「楽させてよー」と思ったりしますが、そんなことを思うとよりハードルが高い事件が起きたりするもので、商売の神様は決して楽させてはくれません。

しかし、その苦しさが事業を前に進ませてくれ、そして戒めてくれるのだ!と思います。

今回のドタキャン報道から自社の事業を真剣に見直すことができたことが事業を再構築させていく大きな引き金になったと思っています。kom

人気ブログランキングへ←ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です