チャンスとは何か?!に気付き、チャンスを確実にモノにしていくという意識がスキルを上げる!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

チャンスとは何か?!に気付き、チャンスを確実にモノにしていくという意識がスキルを上げる!

前職では「チャンスは確実にモノにする!」という意識を常に持たされたように思います。

また、「チャンスはそー多くはなく、だからこそわずかなチャンスをモノにする」という意識を持つことの重要性を教えられたのです。

尚且つ、「チャンスを確実にモノにすることで、小さなチャンスをもモノにするようになる!」というのです。

つまり、チャンスとは誰にでも出会うことができるものであり、そのチャンスをモノにするか、ハタマタモノにできないかはその人の努力次第と言われたのです。

そして、そのチャンスを確実にモノにすることで、例えばチャンスをモノにする確率が低い場合でもチャンスを確実にモノにできるようになるというのです。

その意味は「チャンス!」を勘所としてキチンと認識し、そして確実にモノにしていくというスキルこそ営業の勘所として活用でき、営業センスを磨いていく一つの手段になるわけです。

チャンスとはもしかして、ある人はその意識をしっかりと認識することができる場合があり、またある人はその認識を全く理解できないということがあるのかもしれません。

尚且つ、上司や先輩からは「そのチャンスを逃すなよ~」と指導されたとしても、そのチャンスを認識できない人はその重要性をも理解できず、逃してしまうことになるのかもしれません。

しかし、その認識こそ営業には重要なことであり、同様に企業経営や事業の遂行においても同じことがいえると確信するのです。

そのためには、勘所となる臭覚を磨くことであり、その臭覚の要素は「市場の変化への認識」です。

つまり、ある情報から市場の変化を察知し、そして戦略に落とし込んでいくことの習慣づけであり、その戦略を具体化していくことの癖付けが成功や失敗という結果を導きだし、新たな戦略を練り上げるヒントになるのです。

その際の考え方の重要な視点は「成功だけではなく、失敗から何を得るか」というものです。

また、成功という裏付けを事前に得ようすると、具体的に着手できぬまま、チャンスを逃してしまう場合があるというよりも多いといえます。

だからこそ、「アクションすることであり、行動や実践」が何と言っても重要であり、その結果から何を得るかという考え方が一つの臭覚やセンスとなり、スキルとなるのです。

チャンスとは常にあるのではなく、そのチャンスをきちんと認識し、認識した際には確実にモノにするという覚悟を決めることです。

そして、その覚悟のもとにタダタダ愚直に実践することです。

その実践によって得られるものが実績であると同時に、実践から得られる大きなスキルになっていくのです。kom

人気ブログランキングへ←ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です