現場にはあらゆる情報があり、その情報から戦略を練り上げることが基本!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

現場にはあらゆる情報があり、その情報から戦略を練り作り上げることが基本!

企業経営を進めていく限り、「現場に立つ」という意識がたいへん重要だと思います。

その理由は現場にはあらゆる情報があり、その情報を生で体感することができるからです。

また、その体感から今後の戦略上における情報を取捨選択していく感性を磨くことができるからです。

ですから、現場が大変重要であり、その現場から何を次の戦略に活かしていくかが経営者には常に問われていると言ってもいいと思います。

先週はサンエコ北海道の現場回りを行なってきました。

それは、年末までに完成しなければならない物件が並行して動いており、しかも雪が降ってきたため、計画通りに進んでいるかを自らの目で確認したいと思ったからです。

【安平町の整地状況】
004

【手稲前田の基礎工事状況】
010

【小樽市忍路の施工準備状況】
015

この3つの物件を見ながら、我ながらにして完成度の高い仕事をしているな~と感じたのです。

いずれも野立てのシステムなのですが、この場合は基礎工事がたいへん重要になるんですね~

ですから、整地状況や基礎工事状況を把握すると、架台やパネルを入れた際のイメージが出来上がってくるのです。

つまり、整地や基礎工事がしっかりしていると、完成度の高い発電所が完工できるのです。

そして、次の物件のために、もう一度振出しに戻って完成度を上げる方法を考えていくんですね~

それは現場の状況を脳みそに叩き込み、机上においてジックリと考える基礎情報となるわけです。

また、それが戦略や戦術のための情報となり、再度現場に落ちていくという流れができあがるのです。

010

これは事業の根幹を創り上げていく際の考え方になります。

つまり、現場のあらゆる情報を自らの脳みそや体に感じさせ、それを元に既存の情報と融合させ、ビジネスモデルを再構築しながら、次の戦略を練り上げていくことが事業の基本や基盤になるものだな~と思うのです。

そのために「現場に立つ!」ということが大切だと思うのです。kom

人気ブログランキングへ←ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です