組織をリズミカルに回すようになると事業のスピードが上がっていく!

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

組織をリズミカルに回すようになると事業のスピードが上がっていく!

組織を作っていくことは難しいことです。
その要因は組織を形成する人それぞれを育てていかなくてはならないからです。

ここに大きな工数と時間がかかるために組織を持つことは面倒と感じるのです。
ですから、企業のほとんどは一人経営が多いのです。

ところが、工数と時間をかけて人を育てていくと量と質を追求できる仕事ができるようになります。

それが組織をもつ理由であり、企業経営の面白さです。

しかしながら、個の人たちのスキルを磨いていくことに時間と工数をかけて育てたとしても、次に組織を運営していくための役割分担などを構築し、組織を円滑に機能させていくことが課題となります。

これもまた、工数を時間のかかることであり、組織を持つことはたいへんと感じるのです。

でも、ここまで組織を作っていくと、もっと質の高い仕事ができ、一人ではできないあらゆる業務にチャレンジすることができます。

そして、重要になってくる組織の運営は組織をリズミカルに回すということです。

つまり、人が複数になることで組織が出来上がり、それぞれの役割を決めたうえで組織が機能するわけですが、組織とは個人や組織となる集団との連携によって効果を発揮するわけで、その際にリズミカルな連携という考え方が大切になります。

この組織間が有機的に結びつき、ある仕事をアウトプットするためのリズムが確立していくと次行のスピードが上がり、かつクオリティの追及が完全となり、精度の高い仕事ができるようになります。

組織を持つ企業体はこの視点で組織運営を目指すべきと思います。

我が社はわずか8名の組織ですが、外部に委託する協力会社は30社ほどに上り、ある物件を完成させるためにはかなりの組織や人数を要して完工することになります。

その際に重要なことはジョイントする際のマネジメント力であり、そのマネジメントはリズミカルに機能させることです。

この週末は以下のようなイベントを開催していました。
コピー ~ 002

これらのイベントを企画し、成果を出していくためのプロセスにおいては多くの人がかかわるわけです。

その際もマネジメントがたいへん重要になり、そのマネジメントはぶれることなくリズミカルに機能することが大前提です。

今後も事業を進めながら着実にそんな組織を作っていきたいと思うのです。kom

人気ブログランキングへ←今日のランキングは何位かな~ワンクリック!お願いします。

北海道札幌市中央区でマーケティングを駆使して企業収益を向上する経営コンサルタント

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

officekom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です