起業家宣言カスタマーレビュー【第19回】『成功すべくして成功した人のお話で参考になります。』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

拙著「事業に失敗しないための起業家宣言」の読者からアマゾンカスタマーレビューにコメントをいただいています。そこで、その感謝の意を込めて、私からコメントしていこうと思います。


起業するなんて、本当に大変なことです。

しかも、全く知識も人脈もない分野でのこととなれば、そのリスクは相当なものです。

けれども、綿密な計画やあらゆるリスクを想定した準備によって、それを乗り越えることができるという成功者ならではのお話しで読んでいてとても参考になりました。

人の話は謙虚に聞くとか、一生懸命に耳を傾けることで、その人からの印象もよくなり、より多くのことを学ぶことができるというのは、何を学ぶ時にでも参考になる方法だと思いました。

私自身は、起業を考えてはいませんが、別の方が書かれていたように、サラリーマンでも参考になることがたくさん書かれています。

50代にして起業をした著者の熱意や意気込みもすごいですが、いくつになっても新しいことに挑戦できるっていいですね。

正確な情報を収集しながら、自らの知恵を生み出す努力を怠らないこと。

お客様の喜ぶ仕事をしていれば、自然と事業もうまくいくということですね。

大変なことですが、私たちの日常生活でも必要な事を見直すきっかけになります。


【私見】

レビュー、ありがとうございます。

「成功すべくして成功した人のお話し」と書いていただきましたが、起業家や企業経営者にとって成功という言葉はないと思うのです。

それは批評や批判してくれる人の言葉だと思います。

何故なら、企業経営って毎日が難しい判断を求められ、常に迷いながら決断していかなければならないからです。

また、企業の業績は1年間の決算で評価され、社会的にも金融機関にもそれが絶対条件になるからです。

それでいて、利益を出すと税金も大きく、内部留保するほどの余裕もなく、常に失敗しないためのリスクを回避するために経営しているからです。

ですから、拙著は「事業に失敗しないための起業家宣言」というタイトルにしました。

この本は成功した人の自叙伝的に書いていると思われがちですが、私自身は自慢話よりも事業に失敗しないための考え方を目的に書いてみました。

それは、やはり事業の難しさにあるからです。

但し、事業の難しさが事業の面白さであり、その面白さが事業の楽しさなんだなーと感じます。

この楽しさが実感できると、新たな夢を描くことができます。

つまり、新たな事業への挑戦が妄想し始めるのです。

現在はそんな毎日の連続ですから、それを4月以降から挑戦してみようと考えています。

その目的は「事業に失敗しないための起業家宣言 PART2」の実践のように思います。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です