ドラッカーの金言 『自分の情報を必要としているのは誰か、自分は誰の情報を必要としているのか。』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『自分の情報を必要としているのは誰か、自分は誰の情報を必要としているのか。』

必要とする人に必要な時に情報を提供してください。

あなたからの情報を必要としている人たちをリストアップしてください。

同時に、あなたが情報を必要としている人たちをリストアップしてください。


【私見】

ビジネス上において「情報の重要さ」を意識することです。

そのため、自らアンテナを高くして情報に対して敏感になることです。

その敏感な情報収集から的確な情報の質を取捨選択していくことです。

つまり、必要としている情報がタイムリーに収集できれば最大の効率化が図れますが、情報は口を開けていただけでは入ってきませんから、その上で人的ネットワークを構築することです。

その一つの事例がプロジェクトチームを推進する際の情報の共有方法です。

プロジェクトチームとはある案件ごとに関係する情報によって人が集まり、その情報の元にアクションし、成果に導きます。

また、ある時はプロジェクトチームに参加しているにもかかわらず、関係しない情報については削除し、自らが関係する情報のみの中で完結していきます。

つまり、自分の情報を必要としているのは誰かで、自分は誰の情報を必要としているのかを判断しながら、プロジェクト案件が進んでいくわけです。

このように、情報とは関係する人に帰属し、その属した人たちの中で共有し、その共有は個々人が取捨選択したうえで判断し、案件の目的である成果へ導いていくわけです。

したがって、プロジェクトにような案件に参加する人たちは情報に対して敏感になり、的確な判断力を磨いていくことです。

その効果は案件のスピードとクオリティに影響することになります。

その源となるものは「情報の精度」です。

そのため、発信する人は情報の正確性を高め、正しい情報を確実に発信することです。

逆に、受信者は情報の内容が不透明な場合は確認することです。

それが情報というものを活かし、確実性が増すことになるのです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です