ドラッカーの金言 『必要な情報を全員が手に入れるとき組織は成果を上げる』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『必要な情報を全員が手に入れるとき組織は成果を上げる』

あなたの組織とイギリスのインド統治に共通することは何でしょうか。


【私見】

組織が情報の重要性を認識し、そのためスピードとクオリティの両方を追求すると組織は活性化していきます。

そのため、情報に対する感度を高めながら、あらゆる情報の中から重要な情報をピックアップしていくことです。

その上で組織全員が共有できる体制を装備し、活用していくフローを構築していくことです。

その理由はある情報から一人がアクションするよりも組織全員がアクションしたほうが情報の精度が上がり、智識や知恵としての新たな情報を得ることができるからです。

その知識や知恵となったっ情報を元に、また組織全体でアクションすることで大きな成果になっていきます。

また、その中には失敗という情報もあるはずですが、それを情報共有することで「同じ失敗は二度と行わない」という事例となる情報に変わり、尚且つ「失敗は成功の素」と考える人は失敗情報から成功に切り替える情報となります。、

つまり、組織における情報とは共有し、アクションすることで知識や知恵に変わることになり、それにより成果に導く確率が高くなります。

そのフローやスパイラルを理解できたなら、組織は活性化し、確実に成果へつながります。

そのため、組織においては情報の重要性を高め、共有し、それら多くの情報から確実にアクションしていく仕組みや文化を構築することです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です