ドラッカーの金言 『知識労働者は自らのマネジメントに責任をもたなければならない』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『知識労働者は自らのマネジメントに責任をもたなければならない』

あなた自身の強み、仕事のやり方、価値ありとするものを知って、自らをマネジメントしてください。

何かをすることを決めたならば、期待と成果を照合するフィードバック分析を行ってください。


【私見】

ドラッカーはこう言っています。

「自らをマネジメントするには、自らが何者であるか、自らの強みは何か、成果を上げるにはどう働くか、自らにとって価値あることは何か、自らが得るべきところはどこかを知らなければならない」

そのうえで、「何かをすることに決めたならば、何かを期待するかを書き留めておく。九か月後、一年後にその期待と実際の結果を照合する。そのフィードバック分析が重要だ」というわけです。

一年ごとに策定する事業計画は企業経営の羅針盤となり、その期待と実際の結果を分析するうえでも重要なものです。

また、事業計画は経営者自身のマネジメントとなり、その計画に対する責任を明らかにしなければなりません。

その上で、一年ごとの成果と失敗を反省し、次年度に計画とアクションに活かしていくことです。

その継続が事業を進める原動力になり、その繰り返しが経営者のマネジメントスキルを高めてくれます。

その際に意識することは、自身の強みや仕事のやり方、そして自社の価値を認識したうえで高めていく工夫をマネジメントしていくことです。

企業経営とはその活動を繰り返していくことで成長できるわけです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です