ドラッカーの金言 『経営政策について重要なことはうまくいくか、いなかいかである』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『経営政策について重要なことはうまくいくか、いなかいかである』

成果を上げるうえでのあなたの実務上のコツを3つ上げてください。


【私見】

事業に失敗は許されないため、経営政策が重要になります。

但し、事業の失敗は経営政策による結果から導かれるため、失敗しないためには事業計画を書き、それを確実に実行することです。

また、事業計画を書く上で重要なことは「市場を観る」ことであり、その市場にマッチした「戦略」を組み立てることです。

そして、その戦略は絵空事ではなく、確実に「実行」することであり、実行した結果において必ず分析することです。

すると、実行による成功確率が高くなり、失敗したとしても分析することにより、次のアクションのヒントになります。

この行動によって、市場とやるべきことが線となってつながり、計画と実行が繰り返されることで成果が出る可能性が出てくるからです。

つまり、経営政策とは事業におけるマネジメントであり、マネジメントの値打ちは医療と同じようにうまくいくかによって評価されます。

したがって、うまくいかなかったという結果は無しと考えるべきです。

但し、うまくいく確率を重視しつつ、挑戦的な戦略を組むことです。

何故なら、事業上の失敗をしないが成果も出ないでは話にならないからです。

そのため、成果を上げるうえでの実務上のキーとなる3つは「市場を観る」「戦略を組み立てる」「確実に実行し分析する」です。

私はこの考え方で事業を進めてきたなーと思います。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です