ドラッカーの金言 『文書化の仕事はアウトソーシングせよ』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『文書化の仕事はアウトソーシングせよ』

支援的な仕事は、その仕事を本業とする会社にアウトソーシングすることを検討してください。


【私見】

企業経営は組織力と生産性のどちらを優先するのでしょう。

この2つを選択する答えは生産性であり、企業経営は最優先に生産性を追求することです。

そのうえで、組織力についてはアウトソーシングを有効活用することで現有の組織を有効活用でき、その結果において更に組織力を高めることができ、生産性を上げることができます。

したがって、企業経営における組織上の体系については自社内にすべての体系と人材を求めるわけですが、それは「違う」という考えを持つことです。

つまり、企業経営上の組織体系を保有するよりも、アウトソースする組織と自社内に必要とする組織を明らかにしたうえで組織戦略を練り上げることです。

その軸は直接的か、または間接的かに分けられ、間接的な仕事は極力アウトソースすることを検討するべきです。

その要素は間接部門といえども専門性が高く、アウトソースしたほうが満足な結果を得られるからです。

その上で、コストセーブができたとしたら、企業経営上において大きなメリットになります。

私の経験では自社内で完結する組織を作ろうと考えた時期がありました。

そこで、収益の目途を立てながら組織を増強していった時期がありましたが、それは間違い!だったという反省があるのです。

その要素は人を確保することができても自社内で教育する時間や工数に多くの費用が掛かることが理解できたからです。

であるなら、自社内で組織を構築するよりもまずはアウトソースで対応し、収益性の余力ができたときに組織作りを行なうというプロセスが大切という考え方に至ったのです。

したがって、組織力についてはアウトソーシングという選択肢を常に考えて事業戦略を組むことが重要です。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です