ドラッカーの金言 『サービス労働の生産性向上はマネジメントにとって最優先の社会的責任である』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『サービス労働の生産性向上はマネジメントにとって最優先の社会的責任である』

サービス労働の生産性向上について目標を設定してください。

目標の達成に対してはインセンティブを用意してください。


【私見】

サービス労働の生産性向上については他の労働と同様の目標管理を設定することです。

つまり、業種によってマネジメントスタイルを変えるのではなく、今まで培ったスタイルを活用することで組織のマネジメントスタイルを標準化させることができるのです。

その理由は今後も新たな業種が生まれた際の生産性向上が普遍な目的であり、その際に基本となるマネジメントスタイルは現状のものを活かすことが前提になるからです。

また、インセンティブにおいても考え方は同様に、現在のマネジメントスタイルの中でインセンティブを明らかにすることです。

その目標達成におけるインセンティブは知識労働者や肉体労働者も同様に基本スタイルで実施することです。

サービス労働だからと言って特別なものではなく、組織のマネジメントスタイルは普遍なものと位置づけることが重要です。

また、今まで培った基本スタイルを応用することです。

それにより、社員の仕事に対するモチベーションを維持することができます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です