ドラッカーの金言 『雇用業務のアウトソーシングは30%のコスト削減と大幅な従業員満足をもたらす』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

雇用業務や人事業務をアウトソーシングしていますか。

なぜしていますか、あるいはなぜしていませんか。


【私見】

管理系の仕事は極力アウトソーシングすることを進めます。

当社は起業後、内製することを優先したため、正社員を雇用してきました。

しかし、この経験から考えることは業務に応じて雇用契約方法の選択肢から最適化することです。

その理由は人には適材適所となるスキルがあり、またその業務の継続性があるか否かも検討しなければならないからです。

これらの条件を考慮したうえで雇用を検討するならば、まずはアウトソーシングで対応することです。

そのうえで、その業務の重要度、継続度などを考慮したうえで雇用契約方法を検討することです。

但し、コスト削減においてはアウトソーシングがベストです。

特に、管理の業務においてはルーティン化するものが多く、それらはアウトソーシングすることでコスト削減につながらり、尚且つその専門性に特化することで従業員たちの満足度が高くなります。

雇用業実は明確な目的をもって内製とアウトソーシングの切り分けを検討することです。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です