ドラッカーの金言 『知識労働は細分化せざるをえない』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

アウトソーシングできる仕事を上げてください。

実際にアウトソーシングし、その仕事ぶりをモニターしていくためのプランを作ってください。


【私見】

事業を進めるうえで組織作りは重要なことです。

内製するべきか、ハタマタ外注するべきかは経営者に判断になります。

その判断の要素は短期的か、ハタマタ長期的かという時間軸が考えられます。

但し、事業を進めるうえでの正しい判断は外注することを優先することです。

つまり、アウトソーシングしてみることです。

それにより、費用や仕事の内容、継続性などを分析したうえで内製すべきかを考えることです。

その理由は内製の場合のほうがあらゆる面で企業経営上のリスクが高くなるからです。

例えば、コミュニケーション力、マネジメント力、そして長期化した際の人件費です。

これらのリスクを回避するうえでも、まずはアウトソーシングすることです。

特に、事業を細分化させていく場合はその事業ごとに人材が必要になるため、それぞれの専門性に適した人材をアウトソースすることです。

それにより、あらゆる面で効率的な経営ができます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です