ドラッカーの金言 『成果を上げるうえでの最大の障害は我々の視野を狭める昨日の問題である』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

製造業における雇用の減少は、製造業の基盤の弱体化を意味します。

先進国が肉体労働力によって動かされる経済でなくなったことはなぜ理解できないのでしょうか。


【私見】

事業とは既成概念からの脱却であり、過去の成功や権利は過去の遺物に過ぎないと考え、それらの主張に対して否定してきたことが多い。

事業とは常に新しいこと、新しい気付き、新しい挑戦があってこそ、新たな価値を生み出し、その継続的なアクションが求められる。

それが成果になり、実績になり、自信になって初めて次の戦略の糧となる。

その糧をもとに次年度の事業計画を組み立てていくことが事業であり、それを考えていくことが経営者の務めである。

だからこそ、経営者は休むことができず、常に事業のことから離れることができない。

それでいて、その継続こそが経営者の能力を高め、事業家としてのアドバンテージを享受できる。

事業の面白さは自ら考え、自らアクションし、その成果を自ら得ることにあり、その継続が事故を高めることができる。

そのためには、昨日の問題を昨日で処理し、常に問題解決、そして変革と改革を進めていくことである。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です