ドラッカーの金言 『はるかに少ない労働力ではるかに大きな生産量を実現しなければならない。』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

あなたの組織も生産と雇用のパラドックスを経験していますか。

早速、教育プログラムを作ってください。


【私見】

事業とは「はるかに少ない労働力ではるかに大きいな生産量を実現しなければならない」という課題を常に持っています。

この追求が企業経営の継続性にあり、適正な利潤の獲得を問うことになります。

起業10年間の中で学んだことの一つに「少ない労働力でいかに生産性を高めるかを追求すること」を知りました。

また、そのことを理解しつつ、企業体を大きくすることを優先すると中身が伴わない装備だけが優先することになります。

ですから、常に生産量と装備をバランスさせることですが、それは言うは易く行うは難しなのです。

そのため、生産量を常に優先することです。

つまり、装備は二の次という感覚で意思決定していくことです。

それは装備は生産性に合わせて対応することができるからです。

具体的にはパートの雇用もあれば、アウトソースもできます。

そのうえで、生産量を拡大させたうえで安定化を図り、そのうえで装備を整えることです。

すると、必然的に少ない労働力で大きな生産量を実現できます。

つまり、生産性と労働力のバランスは生産性を優先することで得られるのです。

今後もそのスタンスで企業経営を進めていこうと思う。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です