ドラッカーの金言 『最も堅実なはずの行為が結果として最も投機的な行為となりうる。』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

手始めに、ヘッジによって為替リスクから身を守ってください。


【私見】

企業経営上において、リスクとオプションは紙一重と言ってもいいでしょう。

つまり、チャンスの裏には常にピンチがあり、メリットの裏には同時にデメリットが付いてくるわけです。

そのうえで、正確な判断を下していくわけですが、その際の考え方がリスクヘッジを優先して解決させたうえで、オプションやチャンス、そしてメリットを有効活用することです。

それが事前に準備できない、または解決できないとしたら、その機会はNGという結論になります。

ですから、ドラッカーは「手始めに!」と説き、ヘッジを優先して身を守れ!と言っているのです。

また、最も堅実なはずの行為が結果として投機的な行為になることもありますが、それは事前に把握できることです。

そのために、「手始めに!」を意識し、そのリスクを精査したうえでそれらのリスクをあらゆる面からヘッジさせることです。

企業経営とはこの考え方を基本・かつ基盤にすることで不透明な経営から真ある経営へ進めていくことができます。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です