ドラッカーの金言 『産業を一変させた変化の多くは他の産業から生まれた』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『産業を一変させた変化の多くは他の産業から生まれた』

 産業を一変させた変化の多くは他の産業から生まれている。ここに3つの有名な例がある。

 ファスナーはもともと海上輸送用の穀物袋向けに開発され、それを衣料用に使うことなど考えもしなかった。衣料産業ではファスナーがボタンの変わりになるとは思わなかった。開発者も衣料産業では成功するとは思わなかった。

 コマーシャル・ペーパーは銀行から生まれたものではなかった。ノンバンクから生まれ、銀行に打撃を与えた。アメリカの法律ではコマーシャル・ペーパーは証券であって、銀行では扱えなかった。それをゴールドマン・サックス、メリル・リンチ、GEキャピタル等が使い、銀行の地位を脅かすに至った。

 電話産業を一新させたファイバー・ケーブルもアメリカ、ドイツ、日本の大手電話会社ではなく、ガラス会社のコーニングが開発したものだった。

【私見】

産業も事業も変化に対応していくことが重要であり、変化への対応力が事業拡大と連動する場合が多いことも事実です。

ですから、事業は硬直化することなく、かつ保守的になることなく、常に革新的に、アンテナの感度を高くして変化を認識していくことが重要です。

しかし、変化を認識することはたいへん難しいことです。

それは人それぞれの感性にあり、情報収集力にあり、それらのものから察知しつつ、戦略を立てながら意思決定し、アクションしなければ勝ち得ないものだからです。

ですから、産業を一変させた変化の多くは他の産業から生まれた場合が多いわけですが、その変化に順応した企業もわずかなものです。

しかし、その変化に追随していった企業は成長することができたはずです。

つまり、市場の変化の最先端を見抜き、そしてドライブ力を養いながら、事業をその風に載せる努力こそが事業の成長に直結するものだと思うのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です