ドラッカーの金言 『変化をコントロールする最善の方法は自ら変化を作り出すことである』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『変化をコントロールする最善の方法は自ら変化を作り出すことである』

 変化はコントロールできない。できるのは、変化の先頭に立つだけである。今日のような乱気流の時代に合っては、変化が常態である。変化はリスクに満ち、楽ではない。悪戦苦闘が強いられる。だが、変化の先頭に立たない限り、生き残ることはできない。急激な構造変化の時代を生き残れるのは、チェンジ・リーダーとなる者だけである。

 チェンジ・リーダーとなるためには、変化を脅威ではなくチャンスとして捉えなければならない。変化を探し、本物の変化を見分け、それらを意味あるものとして利用しなければならない。

 自ら未来を作ることにはリスクが伴う。しかし、自ら未来を作ろうとしないことのほうがリスクが大きい。成功するとは限らない。だが、自ら未来を作ろうとせずに成功することはない。

【私見】

起業家にとっては思いっきり背中を押してくれる言葉を感じます。

これくらいの意気込みや情熱無くして起業はあり得ないと思います。

それくらいハードルが高く、成功確率が低いわけです。

その中で事業確立の可能性を追求するのであれば、「自ら変化の先頭に立つ」という気概が必要です。

ドラッカーはそれがチェンジ・リーダーの心構えと言っていると思います。

そのためには変化を探し、本物の変化を見分け、かつ見つけ出し、その先頭に立つことです。

その考えをもってアクションできる人は起業家に向いていると思います。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です