ドラッカーの金言 『動的な不均衡状態にある社会だけが安定性と一体性を堅持する』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『動的な不均衡状態にある社会だけが安定性と一体性を堅持する』

 コミュニティと家族は安定のためのものである。安定を求め、変化を阻止し、あるいは変化を減速しようとする。しかしわれわれは、人の手によるあらゆるものが歳を取り、硬直化し、陳腐化し、苦しみに変わることを知っている。

 革命は解決策とはならない。大団円でもなければ夜明けでもない。それは成熟による腐敗から起こる。思想と機関の破たんから起こる。自己革新の失敗から起こる。

 企業、政府、大学、労組、軍のいずれであれ、社会的機関が継続性を維持するための唯一の方法は、それらの期間の組織構造そのもののなかに、体系的かつ組織的イノベーションのメカニズムを組み込むことである。組織、制度、政策もまた、財、サービス、プロセスと同じように、生命を失った後も生き延びる。それらのものは、目的を達しても達しなくても生き延びる。

 かくして経済と同様、社会においても、あるいはビジネスと同様に社会的サービスにおいても、イノベーションと起業家精神が必要となる。現代の組織は不安定要因とならなければならない。常にイノベーションをもたらすように構造されなければならない。

【私見】

企業経営において安定を求め、変化を阻止しようとすると倒産という結末に向かうことになります。

また、倒産していく企業のほとんどは組織が硬直化し、組織文化が陳腐化している場合が多いといえます。

そのため、革命とは言わずとも、常に変革を起こしていくことが重要です。
また、その変革は戦略に基づいていることです。

つまり、ジャストアイディアではなく、思い付きでもない。
それよりも確実な情報の元に、その情報から市場を見つめ、そのニーズを探し出すことです。

すると、そこには変革の糸口があり、それを確実なるプロセスをもって戦略に落とし込むことでイノベーションへと発展する確率が高くなります。

それが事業の成長につながり、イノベーションの文化を浸透させていく考え方になると思います。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です