ドラッカーの金言 『知識は現実の世界に関わらなければならない』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言 『知識は現実の世界に関わらなければならない』

 ヘルマン・ヘッセの1943年の小説「ガラス玉遊戯」は、伝統の知恵と美に没入し至福の孤高を楽しみ知識人、芸術家、教養人の一団を描いて、人文主義者の求める世界とその行末を示した。小説の主人公たるガラス玉遊戯の名人は、最後には金まみれの汚れた世界へと帰っていく。現実の世界に関わらなければ、彼が価値ありとするものも紛い物にすぎなかった。

 ポスト資本主義社会は、これまでのいかなる社会よりも教育ある者を必要とする。教育ある者は偉大な遺産を理解しなければならない。しかし、何よりも現実を理解できなければならない。

【私見】

企業経営は毎日が勉強の場です。
また、その気持ちをもって実務に当たるということが大切です。

それほどに毎日が課題や問題との戦いであり、それらに直面するたびに意思決定していかなければなりません。

それが経験となり、それらが知識の宝庫となって学習効果になって築盛されていくわけです。

しかしながら、問題は意思決定する際の判断材料が的確かということです。

その判断や決断はすべて経営者の知恵や能力にあり、常に間違いのない判断が求められるわけです。

その際の基準となるものにあらゆる先人からの教えがあり、その一つが歴史本から学ぶというものです。

そして、その知識を現実の世界に連動させたうえで判断していくことは経営者の能力になっていきます。

私自身も創業後、その繰り返しの毎日を過ごしてきたように思います。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です