ドラッカーの金言『今日において重要なのは肉体労働者でない人たちの生産性である』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言『今日において重要なのは肉体労働者でない人たちの生産性である』

1881年、アメリカ人フレデリック・ウィンスロー・テイラーが肉体労働者の仕事の研究、分析、組立に知識を適用した。そこから生産性革命が起こった。生産性革命は成果を上げた。その結果、今日では非肉体労働者の生産性が問題になった。知識に知識を適用することが必要となった。

そして今日、いかなる知識が必要か、知識を意味あるものにするには何が必要かを明らかにするために、知識は意識的かつ体系的に適用されるようになった。すなわち、知識は体系的なイノベーションに使われるようになった。この知識の知識への適用の段階がマネジメント革命である。つまるとこと、成果を生むために既存の知識をいかに適用するかを知るための知識がマネジメントである。

【私見】

「つまるところ、成果を生むために既存の知識をいかに適用するかを知るための知識がマネジメントである」

この言葉が何を意味しているのか?!
非常に難解なのですが、私なりに書いてみようと思います。

マネジメントとは成果を生むための知識であり、それを実践の中で応用することが求められます。

その一つが顧客目線であり、成果を上げるために顧客目線で既存の知識を応用し、実践することです。

また、その実践から得られた知識は「知識の知識」となり、体系化されることで新たな知識となっていきます。

それがマーケティングとなり、イノベーションとなっていく過程と思うのです。

但し、あくまでも実践した結果から分析と検証を行なうことであり、それが知識の知識となってマネジメントとして活かされるものだと思います。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です