ドラッカーの金言『知識ではなく成果こそマネジメントの目的であり、能力の証明である』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言『知識ではなく成果こそマネジメントの目的であり、能力の証明である』

 マネジメントを評価する究極の基準は、事業上の成果である。マネジメントとは実践である。したがって、マネジメントの仕事に免許を与え、あるいは特別の学位を持つものだけに資格を与えることによってマネジメントを専門職化することほど、経済と社会に害をもたらすことはない。

 マネジメントを科学や専門的技能として位置づけるあらゆる試みが、経済の攪乱要因の除去、すなわちリスク、好不況、戦争、消費者の選択など予測不能なあらゆる要因の除去の試みへとつながり、つまるところは経済の自由と発展の阻害へとつながる。

【私見】

組織を持つ限り、マネジメントを機能させることが経営者の仕事です。
また、経営者自身はすべてにトップダウンにならず、ボトムアップを意識することです。

その理由はこの意識を持っていても部下たちからトップダウンに見られるからです。
また、ボトムアップが定着した組織ほど成長度高くなるからです。

それは責任の明確化であり、それにより確実にアウトプットしようと努力するからです。

そんな組織を作りたいと思うのですが、そ~簡単には作れないものです。
そのポイントは出しゃばらないことであり、待つという意識が経営者には必要だと思います。

そんな組織が成果を上げていくわけで、同時に組織力を高めることになるのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です