ドラッカーの金言『今日利益を上げている事業が明日は金食い虫になる』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

ドラッカーの金言『今日利益を上げている事業が明日は金食い虫になる』

 シュンペーターはイノベーションこそ経済の本質、特に現代経済の本質であるとした。その経済発展理論は利益に経済的な機能を与えた。

 変化とイノベーションの経済にあっては、利益は、マルクスとその理論がいうような労働者から搾取した余剰勝ちではない。それどころか、利益は雇用と所得の唯一の源泉である。シュンペーターの経済発展の理論は、イノベーターだけが真の利益を生み出すとした。ただし、そのイノベーターの利益は常に短命であるとした。

 しかも、シュンペーターの有名な言葉によれば、イノベーションとは創造的破壊である。それは、昨日の設備と創始を陳腐化させる。したがって、経済が発展するほど資本形成が必要になってくる。

 古典派経済学、会計学、株式市場が利益と称しているものは。純粋のコスト、企業存続のコスト、今日利益を上げている事業が金食い虫になるという明日のためのコストである。

【私見】

新規性の高いビジネスモデルであったとしてもあらゆる要因によって陳腐化するものです。
また、事業とは同じ形を継続するのではなく、常に変化することで継続できるわけです。

ですから、事業を継続しながら、新たなビジネスモデルや新規事業を模索することが大切です。

事業を発展させていくには当初の事業を未来永劫進めるのではなく、常に変化させること、かつ修正していくことで事業自体が変化していきます。

それは売ろうとする製品が変わったり、買ってもらう販路や顧客が変わったりするわけで、変化に対応していく順応性が事業を継続する際の基盤になります。

その際に大切なことは市場を正確に見ること、かつビジネスの環境を常に精査すること、そしてその視点をもってあらゆる人の話を聞いて自分の事業と照らし合わせることを継続することです。

すると、現在の事業を確信したり、新しい方向性が見えたりするわけで、変化に順応するキャパシティを広げることができます。

その考え方が経営者の視野を広げることとなり、新たな事業を創造するきっかけになると思うのです。kom

収益向上コンサルティング・マーケティングをわかりやすく語るセミナー・営業 スキルアップを図る研修など多くの企業様から好評をいただいています。

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です