野村克也 人生を勝利に導く金言 『知力という力』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

野村克也 人生を勝利に導く金言 『知力という力』

力には、体力、気力、そして最も重要な知力がある。

そのすべてが充実してこそ、真の力勝負というものが生まれるのだ。

いやしくもプロとして生きているのなら、精神論のみを誇張するのは愚の骨頂。

そんなことでは、ハイレベルな戦いを望むべきもない。


【私見】

企業経営も営業の世界も「やればできる!」という気合の精神で事が成すと考えている人が多いように思います。

ところが、現在においては「知力」というものが重要になっています。

特に、プロフェッショナルと自負されるのであれば「知力無くしてプロなし」といえるほど、知力で語り、知力で理解し、知力で勝負するという意識が大切です。

そのため、本を読む、常にアンテナを高くする、情報に対して敏感になる、好奇心を抱く、あらゆることに興味を持つ、感性を磨くなど意識改革と同時に創意工夫することが重要です。

その上で、論理的に理解し、論理的に話すことができるようになるです。

そのスキルが事業を戦略的に進めるスキルになり、企業経営のノウハウになっていきます。

情報経路が発達し、その量や質は無限のものとなっていますが、逆にその無限な情報は戦略作りに有効なものです。

それらは知力によって有効化させることができます。

逆に言うならば、知力無くして有効化ができないわけです。

そのため、プロフェッショナルであるならば、気力、体力、そして知力を高めることです。

その3つの力が備わってこそ、戦いに勝つ確率が高まります。

プロ野球同様に、企業経営や営業の世界においても「日々勉強の毎日」であり、そこから多くの知識を身に付け、ノウハウにしていくことです。

その思考が知力になっていきます。om

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です