野村克也 人生を勝利に導く金言 『自分の頭で考える』

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ


小室雄次 Facebook公開中!
 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

 

依頼心が強すぎると、人間の思考力は著しく衰える。思考が止まれば当然、進歩も止まる。だからこそ、まずは自分の頭で疑問を感じ、考え、行動に移し、そこに違和感があればさらに考え、行動するという姿勢が肝要なのである。

師を持つことはもちろん大切だが、その師に対して委縮することなく、どんどん意見を述べたり、質問をして己を育てるべきだということだ!


【私見】

経営学を学ぶために51歳でビジネススクールへ行こうと決断し、授業が始まると途方に暮れたことを思い出します。

「2年間、この授業に付いて行けるのだろうか!」

よくある5月病のごとく、入学後の数カ月は悩ましく思って学校に行っていたのです。

それを乗り越えることができた要素は「自ら考えることが理解できた」からです。

また、わからないことは聞くという姿勢を貫こうと心に決めたことです。

ですから、勇気をもって質問し、納得できないことは自ら考え、そして調べて、自分のものにすることを意識したのです。

すると、自分自身の脳みそが進化していったように思います。

当初は使ったことのない分析型指向の左脳が猛烈に痛くなったのですが、それがいつも間にか痛くなくなり、慣れていったのです。

そのうえで、考えることが面白くなり、論理的に展開しないと納得できないようになったのです。

つまり、自分の頭で考えることが当たり前になり、そのうえで納得するまで考えることが提案力を磨いてくれたように思います。

その変化は使わなかった左脳をビジネススクールの2年間でフル活用し、起業後において実務で応用させ続けてきた結果が左脳を開花させたのでしょう。

そして、さらに仕事が面白くなったように思います。kom

ブログランキングのボタンをポチッと押してください。
 人気ブログランキングへ

 

起業・独立を応援します。小室雄次 の起業塾

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です